食中毒細菌,食品衛生管理のアルコスです。食中毒対策,食品衛生,衛生管理はアルコスへ ALCOS
ここをクリックすると、食品衛生サービスのアルコストップページへもどる。
 衛生豆知識




食中毒原因菌(ウイルス性含む)の分類


 
 食中毒を引き起こす原因となる細菌およびウイルスの特性を知ることは、食品業界、特に直接食品を取り扱う従事者や経営責任者にとっては、死活問題とも言えるほど、非常に大切な知識となります。

 具体的には、事後ではなく、未然に食中毒を防ぐための対策として、非常に大切な知識となります。 どの食品をどのような保管状態や取り扱いをすると、どのくらいのリスクが発生するのか?または、その対策としてどのような取り扱いや保管をすべきなのかといった重要事項をまとめておくことも重要なのです。

 食中毒事故を未然に防ぐための、食品衛生管理の基本は、「手洗い」です。さらには、食品を食中毒原因菌やウイルスからから守るためには、正しい保管温度と時間を守ることが重要なのです。

食品中の細菌検査・調理場等の環境拭き取り細菌検査については、こちらから



細菌性食中毒
感染型
毒素型
ウィルス性食中毒
 ◆ノロウイルス(SRSV)
 ◆A型肝炎ウイルス
 ◆その他


最新の食中毒ニュースを今すぐGET

食中毒情報検索サービス
無料で使える


食品を食中毒のリスクから守るための衛生アイテムは、こちらから → クリック


参考出典資料 : 本データは、東京都福祉保健局の公開資料を基に株式会社アルコスが編集したものです。

copyright(C): ALCOS, Ltd. all rights reserved