黄色ブドウ球菌,食中毒予防対策のことなら食品衛生管理のアルコスへ
ここをクリックすると、食品衛生サービスのアルコストップページへもどる。
 食品衛生豆知識(黄色ぶどう球菌)




食中毒情報検索サービス
無料で使える
黄色ぶどう球菌
■菌の特徴

黄色ぶどう球菌は、化膿したところ、おでき、水虫、にきび、のどや鼻の中、動物など私達の身近にあり、この菌が付着した手指などから食品を汚染する機会が多いため、この細菌による食中毒が多発します。

この菌は、食べ物の中で増殖するときにエンテロトキシンという毒素をつくり、この毒素が人に危害をおよぼします。この毒素は100℃/30分の加熱でも分解されません(ただし、菌そのものは熱に弱い)。

酸素のない状態でも増殖可能で、多少塩分があっても毒素をつくるため、汚染を受ければ、あらゆる食品が原因食となる可能性を持っています。

■原因食品

にぎりめし、その他折詰弁当、仕出し弁当、和菓子、シュークリームなどです。

■症状

潜伏時間は、約30分から6時間で、はき気、おう吐、腹痛が主症状で下痢をともなうこともあります。
一般に高い熱はでません。

■予防のポイント

・正しい手洗い(手指の洗浄消毒)を十分に行うこと。
・食品は10℃以下で保存し、菌が増える速度を遅らせること。
・調理にあたっては、帽子やマスクを着用すること。
・手指に切り傷・擦り傷・化膿などがある時は、調理をしないこと。
・盛り付け時などでは、手袋を着用すること。


手指の除菌に最適な万能除菌アルコールはこちらから

黄色ブドウ球菌対策には、先ずは「手洗い」の励行から

手荒れの気になるあなたに嬉しい「手指消毒器」はこちらから

 


copyright(C): ALCOS, Ltd. all rights reserved